レブロン・ジェームズ、ロサンゼルスで発生した山火事から避難

現地28日、ロサンゼルス南部で山火事が発生し、その発生エリア付近に居住するレブロン・ジェームズが自宅からの避難を余儀なくされた。 ロサンゼルス・レイカーズ所属のフォワードは同日午前4時前、避難後に家族を休ませられる場所を探していること、また今回の火事が「本当に危険」であることをツイッターにて投稿している。その後のツイートでは、宿泊施設を見つけたことを報告。また被害にあった人々の安全を祈ると同時に、安全な場所に避難するよう呼びかけた。 現地月曜日未明、美術館として知られるゲッティセンター付近の山腹にて火事が発生。そのことを受けてロサンゼルス市消防局は緊急避難勧告を発令し、マウンテンゲートとマンデビル・キャニオン付近から直ちに離れるよう市民に警告していた。 同局は、現地午前4時30分の時点で火の手は西に向かって広がっていると報告。強制避難地区はマンデビル・キャニオンとマウンテンゲートからブレントウッド地区にまで広まっており、トパンガ州立公園やパシフィック・パリセーズの一部分では避難警告が出されている。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レブロン・ジェームズ、ロサンゼルスで発生した山火事から避難