CJ・マッカラム「カンファレンス・タイトルは僕らのもの」

ポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッカラムが、今季の意気込みをThe Players’ Tribuneに著した。 昨季、2000年以来となるカンファレンス・ファイナル進出を果たしたブレイザーズは、昨オフに大規模なロスター強化を図った。ロサンゼルス・レイカーズやロサンゼルス・クリッパーズを筆頭に、多くのウェスタン・カンファレンスのチームがロスター強化に成功した中、ブレイザーズもまたチームのアップグレードに成功している。ブレイザーズは、ケント・ベイズモア、パウ・ガソル、アンソニー・トリバーらベテラン勢や、期待のマリオ・ヘゾニャ、ハッサン・ホワイトサイドを追加したほか、チームの主力であるマッカラムとデイミアン・リラードと延長契約を締結させている。 マッカラムは、補強されたブレイザーズが、今季のウェスタン・カンファレンスの王者に君臨することを信じているようだ。 「昨オフの話題はどれもレイカーズやクリッパーズに関する物だった。レブロン・ジェイムズとアンソニー・デイビス、そしてカワイ・レナードとポール・ジョージ。この2チームは間違いなく西の脅威となるし、僕らが頂点に立つ為には、彼らに勝たなければならない。西には他にも、ヒューストン・ロケッツ、デンバー・ナゲッツ、ユタ・ジャズといった強豪が揃っているしね。だけど、同時にカンファレンス・タイトルは僕らのものだと信じている」。 そう著したマッカラムは、以下の通り続けた。 「僕らのゴールはNBA王者だ。将来の優勝に向けた再建チームではなく、今季のファイナルに進出し、NBA制覇を果たすことが目標だ。そのために、僕らはできる限りの努力をしてきた。優勝するために何が必要か理解しているし、僕らの実力も理解している。僕らは適切なチーム、コーチ、そしてマインドセットを持っている。もちろんファン達もだ。今僕らがやるべきことは、しっかりと仕事を終えることだけだよ」

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. CJ・マッカラム「カンファレンス・タイトルは僕らのもの」