ニックスがアイバン・ラブと2WAY契約

現地10月23日、ニューヨーク・ニックスがフォワードのアイバン・ラブと2WAY契約を結んだと発表した。チームの規約に則り、契約の詳細は明かされていない。 22歳のラブは、2017年のNBAドラフト2巡目全体35位でオーランド・マジックに指名された後、ドラフト当日のトレードでメンフィス・グリズリーズに移籍し、これまでの2シーズンで85試合に出場して(うち18試合に先発)、1試合平均14.6分間のプレイで平均5.7得点、4.3リバウンド、1アシストを記録している。 昨シーズン、ラブはグリズリーズで49試合に出場し(うち13試合に先発)、1試合平均14.7分間のプレイで平均5.8得点、4.2リバウンド、1.1アシストという成績を残した。 彼は今年のプレシーズン・ゲームで3試合に出場し、1試合平均14.8分間のプレイで平均7.7得点、5.7リバウンド、1.3アシストを記録している。 ラブはカリフォルニア大で2年間プレイしており、2年生だった2016-17シーズンには31試合の出場で(うち30試合に先発)、平均14得点、10.5リバウンド、1.5アシスト、1ブロックという成績を残し、その年のファーストチーム・オール・Pac-12に選出された。 これで、ニックスの2WAY契約選手はラブとカディーム・アレンの2名になった。NBAのルールでは、各チームはレギュラーシーズン・ロスターの15名以外に、2WAY契約選手を2名までロスターに入れることができる。ニックスの2WAY契約選手は、主に傘下のGリーグ・チーム「ウェストチェスター・ニックス」でプレイすることになるが、シーズン中に最大45日まではNBAチーム側のロスターに入ることができる。Gリーグ・チームのトレーニング・キャンプが始まる前と、Gリーグのシーズンが終わった後は、45日のカウントには含まれない。

関連タグ

チーム

  • ニックス
  • グリズリーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • 2WAY契約
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ニックスがアイバン・ラブと2WAY契約