八村塁、プレシーズン最終戦は初の3ポイント2本成功

ワシントン・ウィザーズの八村塁が、現地10月18日に行われたフィラデルフィア・76ers(シクサーズ)とのプレシーズン・ゲームに出場し、24分間のプレイで8得点、3リバウンド、2アシスト、1ブロック、フィールドゴール成功率37.5%(8本中3本成功)、3ポイントシュート成功率66.7%(3本中2本成功)を記録した。 ウィザーズにとってプレシーズン最終戦となるシクサーズ戦で、八村はスタメン出場。第1Qに左45度から3ポイントシュートを成功させると、ドライブからのジャンパーも成功させ、早々に5得点を叩き出す。第2Qにはブラッドリー・ビールの長距離砲をアシスト。相手エースのジョエル・エンビードとマッチアップするシーンもあった。 前半でビールに次ぐ出場時間を得た八村は、第3Qにも左45度から3ポイントシュートを決めて、この日8得点目。プレシーズン4試合目で初の1試合で3ポイント2本成功となった。大きくリードを奪う展開のため、第4Qはお役御免となったが、24分間で8得点、3リバウンド、2アシスト、1ブロックをマーク。チームも112-93で勝利した。 シクサーズではエンビードが17得点、6リバウンド、3アシスト、2ブロック、大型司令塔のベン・シモンズは腰痛で欠場だった。 八村はプレシーズン5戦中4試合でプレイし、平均22.0分出場、10.3得点、6.5リバウンド、1.3アシストを記録。23日に敵地で行われるダラス・マーベリックスとの開幕戦で公式戦デビューを狙う。

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 八村塁、プレシーズン最終戦は初の3ポイント2本成功