ビッグ3からダイナミックデュオの時代へ変わるNBA

ここ10年ほど、NBAでは優勝するためにはスーパースターを3人揃えるビッグ3が必要という考えが主流となっていた。例えば2008年のセルティックスがポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンで優勝。また、レブロン・ジェームスはヒートで、自身とドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュ。キャバリアーズではカイリー・アービング、ケビン・ラブとそれぞれビッグ3を形成してリーグ王者となっている。さらにウォリアーズは、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ケビン・デュラント、ドレイモント・グリーンと4人のスーパースターで王朝を築いている。 しかし、今オフの選手の動きを見ると、ビッグ3ではなく、2人のスーパースターを軸とすることで頂点を目指す流れが大きくなっている。 レイカーズのジェームズとアンソニー・デイビス、クリッパーズのカワイ・レナードとポール・ジョージ、ロケッツのジェームズ・ハーデンとラッセル・ウェストブルック、ネッツのデュラントとアービングといった強力コンビが新たに誕生している。 ビッグ3を作るのは難しく、さらに長期的なチーム作りにおいて色々なものを犠牲にしないといけない。このモデルは、もう過ぎ去ったとジョージは見解を述べる。「みんなビッグ3を狙っていたが、多くのチームにとってそれはうまくいかなった。今のリーグは新しい世代の新しいダイナミックデュオの時代だ」 ビッグ3となれば当然のように限られたチームにタレントが集中することになる。しかし、ダイナミックデュオが主流となれば、戦力はより分散される。リーグ全体にとって王者の可能性がより多くのチームに広がることで、より盛り上げるシーズンになると期待する声も出ている。実際、昨季までのNBAはウォリアーズが5年連続ファイナル進出を果たしており、それは多くのチームにとってファイナルが非現実的な目標であることを意味していた。 より多くのチームが頂点を狙える群雄割拠の時代になってくる。この点についてデイビスも同じ意見だ。「ビッグ3のチームを目指す傾向は終わったと思う。これが意図されたものか、どうかは分からない。ただ、ここ数年にはないエキサイティングなシーズンになるかも知れない。楽しくなると思うよ」

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ビッグ3からダイナミックデュオの時代へ変わるNBA