指を負傷していたアンソニー・デイビスが実戦復帰へ

親指をひねって離脱していたレイカーズのアンソニー・デイビスが、現地16日に行われるウォリアーズとのプレシーズンゲームで実戦復帰することがわかった。フランク・ヴォーゲルヘッドコーチが、地元メディアに語っている。 デイビスは、現地15日のチーム練習で全てのメニューをこなした後でこう語っている。「ケガが深刻なものでないことは分かっていた。今日の練習で感触は良かったよ」。 この日、デイビスは痛めていた親指への接触プレーが何度かあったが、それは故障箇所がコンタクトに耐えられるか自身が望んでいたものだった。そして練習終了後、翌日になってどんな状態を見てから、16日の試合に出場するか判断すると言っていた。 デイビスの負傷は、現地11日中国で開催されたプレシーズンゲームで起きたものでMRI検査の結果、軽傷であることは分かっていた。アメリカに帰国後、14日に開催された試合には欠場していたが、試合前の練習で故障箇所を保護するものは何もつけずにシュート練習を行っていた。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Anthony Davis

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 指を負傷していたアンソニー・デイビスが実戦復帰へ