エリック・ブレッドソーが2〜3週間の戦線離脱

ミルウォーキー・バックスのエリック・ブレッドソーが、肋骨の怪我により2〜3週間の戦線離脱となるようだと、The Athleticのシャムス・シャラニア記者が報じた。 シャラニア記者は、ブレッドソーが肋骨のごく一部分を骨折したとリポートしている。これから2〜3週間後というと10月後半〜11月上旬になるため、ブレッドソーはレギュラーシーズンの開幕には間に合わないことになる。 しかし、バックスのジョン・ホーストGM(ゼネラルマネージャー)はMilwaukee Journal Sentinelのマット・ベラスケス記者のインタビューで、シャラニア記者のリポートを否定している。ホーストGMによると、ブレッドソーが骨折したのは肋骨と肋骨の間にある軟骨で、復帰には2〜3週間もかからない、とのことだ。 ベラスケス記者によると、ブレッドソーが骨折したのは9番目と10番目の肋骨の間にある軟骨で、怪我の再発や悪化の可能性は無いそうだ。ブレッドソーは、痛みが消え次第、復帰する見込みだ。 バックスは、レギュラーシーズン開幕から2週間の間に3試合のホームゲームと3試合のアウェイゲームを予定している。その後、彼らは10試合中7試合がアウェイゲームという過酷な日程を控えており、その間の対戦相手にはロサンゼルス・クリッパーズやユタ・ジャズといった優勝候補のチームも含まれている。 昨シーズン、ブレッドソーは78試合に出場し(全て先発出場)、1試合平均15.9得点、4.6リバウンド、5.5アシストという成績を残した。彼は、今年3月にバックスと4年の延長契約を結んだばかりだ。 ブレッドソーが欠場している間は、ベテランのジョージ・ヒルが代わりに先発を務める見込みだ。昨シーズン、ヒルは1試合平均7.6得点、2.5リバウンド、2.3アシストを記録している。

関連タグ

チーム

  • サンズ

選手

  • Eric Bledsoe

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. エリック・ブレッドソーが2〜3週間の戦線離脱