パトリック・マコー「今季どれだけのことが成し遂げられるか楽しみ」

10月10日に行われたNBA Japan Games 2019 Presented by Rakutenの第2戦は、118-111でヒューストン・ロケッツがトロント・ラプターズに勝利し、第1戦の雪辱を果たした。試合後の記者会見で、ラプターズのパトリック・マコーは以下のように試合を振り返った。 ――日本の印象、また思い出に残っていることを教えてください。 本当に美しい街だなと感じた。自由に動ける時間はあまりなかったんだけど、ホテル周辺を中心にいろいろなところを見て回ることができた。今度はバスケットボールに関係なくバケーションで来て、もっと色いろんな場所を見に行きたいね。 ――観光することができた場所はどこですか? 買い物に行ったよ。街の雰囲気はまるでニューヨークやシカゴのようだったね。シュプリームとかその周辺のお店を見に行ったんだけど、なんていう場所かはよく分からなかったな。 ――今季はディフェンダーとしてナースHC(ヘッドコーチ)から期待されていますが、新シーズンはどのような気持ちで臨みますか? とても興奮している。怪我の心配はもうないし、ラプターズの一員としてチームメイトとも良い関係を築けている。とても素晴らしいコーチ陣も揃っているし、チームとして今季どれだけのことが成し遂げられるか楽しみにしている。 ――今季は先発枠が2つほど空いていると思うのですが、あなたがその座を勝ち取るためにカギとなるのは? 個人的にはそのような視点で見ていないんだ。俺たちはラプターズというチームとしてのベストを出せればと思っている。そのためならコーチから求められた役割はなんでもやるつもりだよ。与えられた役をしっかりこなせるよう練習を続けていき、自分の総合力を上げていくのが目標なんだ。いつ何時でも貰ったチャンスに応えられるよう、常に準備を怠らないようにするだけさ。

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

選手

  • Patrick McCaw

キーワード

  • ニュース全般
  • NBA Japan Games 2019
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. パトリック・マコー「今季どれだけのことが成し遂げられるか楽しみ」