カイル・ラウリー「ラプターズというチームを世界に広められることを楽しみにしている」

10月8日と10日に、さいたまスーパーアリーナで開催される「NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten」のために来日中のトロント・ラプターズが7日に公開練習を行った。練習前に実施されたインタビューセッションで、カイル・ラウリーは以下のようにコメントしている。 ――2人の息子さんと一緒に来られているようですが、どこか行く予定はありますか? そうだね。色々と回りたいと思っている。息子たちはディズニーランドに行きたがっていたね。ただ俺はジェットコースターが苦手だから、地上から離れるつもりはないけどね(笑)。 ――今回のようなイベントはラプターズ、またNBAにとってどのような意味を持っていると思いますか? NBAはグローバルなブランドになっているし、それをさらに広げていくという意味ではこのような試合はとても重要だね。特にバスケットボールというのは言語に関係なくお互いに共有できるものだから、とても素晴らしい取り組みだと思うよ。俺たちは昨シーズン優勝したけれど、このラプターズというチームを世界に広められることを楽しみにしている。 ――8日の試合にあなたは出場しないとニック・ナースHC(ヘッドコーチ)が明言していました。プレイするのが待ち遠しくないですか? この時期はシーズンに向けて練習のピッチを上げていくんだけど、若い選手たちは7月からとてつもない努力を重ねてきたみたいだから、いつもの練習ではなく、違うユニフォームを着た対戦相手と試合できることを彼らは特に楽しみにしていると思う。自分も早く戻って一緒に楽しみたいね。 ――新しく加入したチームメイトの中に、驚くような能力を持っている選手はいましたか? まだそこまで彼らと一緒に過ごせていないから正直分からないんだ。お互いのことを知るには時間が必要だから、数ヶ月後にまた同じ質問を聞いてくれ。 ――来日して日本のファンのバスケットボールに対する熱意を感じ取れたと思いますが、そういった面は来年のオリンピック参加を決める要因となりますか? 選ばれたらプレイしたいと考えているよ。ただそれはポポヴィッチHCやジェリー(・コランジェロ)が決めること。チームの一員に選ばれたいし、母国の代表として金メダルを獲得できればいいなと思っている。 ――昨シーズンにMIPを受賞したパスカル・シアカムは、今季さらに大きな役割を担うと予想されています。彼をどのようにサポートしていきますか? パスカルはまた今シーズン飛躍を遂げると思うよ。メンタルも成長しているし、その大きな才能は天井知らずと言ってもいい。彼が気持ちよくプレイできるよう自分としてはサポートし、彼の成長を促せたらと思う。時には彼に自由を与えて、彼自身の力でも成功を掴んで欲しい。 ――カワイ・レナードが去ったことで、あなたの役割はどう変わりますか? 俺は自分にできることを全てやり、自分自身であり続けるだけだよ。俺の役割は自分のプレイをして、チームを勝たせること。最高の役回りだろ?

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

選手

  • Kyle Lowry

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カイル・ラウリー「ラプターズというチームを世界に広められることを楽しみにしている」