ブルックリン・ネッツが新しいステイトメント・エディション・ユニフォームを発表

ブルックリン・ネッツが、2019-20シーズンに使用する新しいステイトメント・エディション・ユニフォームを発表した。 コンクリート色がベースとなっているユニフォームは、ブルックリンで活躍するアーティストのエリック・ヘイズ氏によってデザインされた。ヘイズ氏は、40年以上にわたってコンテンポラリー・アートやグラフィック・デザイン、ブランディングといった分野を牽引してきた人物だ。 このユニフォームの胸元には、手書き文字の「BKLYN」というロゴが大きく配置され、左の脇の下にはヘイズ氏のシグネチャーでもある星のマークが並んでいる。また、ショーツの左側には「NETS」という文字が縦に並んでいるほか、裾にはチームのセカンダリー・ロゴが配置されている。 ネッツは、ブルックリン橋公園で開催される「Practice in the Park」というイベントで、このユニフォームをお披露目する。このイベントは、今年で3年目となるチームの恒例行事だ。 チームはこのステイトメント・エディション・ユニフォームを今シーズン中に22回着用する予定だ。このユニフォームを着てプレイする最初の試合は、現地11月1日のヒューストン・ロケッツ戦である。

関連タグ

チーム

  • ネッツ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ブルックリン・ネッツが新しいステイトメント・エディション・ユニフォームを発表