2018年新人王のシモンズ、自身初のリーグ優勝へ“リーダー宣言”

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のベン・シモンズは、在籍4年目の今季に「チームで最高のディフェンシブプレイヤーになりたい」と目標を掲げた。 2016年ドラフト1巡目1位指名のシモンズは、ルーキーイヤーこそ右第5中足骨基部骨折で全休となったが、復活した翌シーズンに平均15.8得点、8.1リバウンド、8.2アシストというオールラウンドな活躍で新人王を獲得。昨季も平均16.9得点、8.8リバウンド、7.7アシストを記録して、チームをプレイオフのカンファレンス準決勝まで導いた。 身体能力とゲームメイク力を兼備した超大型司令塔として地位を確立しつつあるシモンズだが、4年目の新シーズンは守備でもリーダーシップをとる意欲を見せる。数カ月にわたるオフシーズンのトレーニングが、自分に“スイッチ”を入れたという。 「チームで最高のディフェンシブプレイヤーになりたい。みんなには、それを聞いて同じことをしようと努力してほしい」 同僚の手本になると宣言したシモンズ。今夏に南カリフォルニアで一緒にトレーニングを積んだ4歳年上のトバイアス・ハリスは、「ベン(シモンズ)は守備にも、攻撃にも集中している。そして、全員の立場を理解している」と“フォア・ザ・チーム”の精神に太鼓判を押し、ブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)も「彼は何をすべきかを知っている」と信頼を寄せる。 唯一の弱点だったロングジャンパーを重点的に磨くなど、飽くなき向上心を見せるシモンズは、覚醒したジョエル・エンビードとともにチャンピオンシップ獲得へ全力を注ぐ。

関連タグ

チーム

  • 76ers

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 2018年新人王のシモンズ、自身初のリーグ優勝へ“リーダー宣言”