ブレイザーズがザック・コリンズの4年目の契約のチーム・オプションを行使

現地9月24日、ポートランド・トレイルブレイザーズのバスケットボール運営部門代表のニール・オルシェイ氏が、ザック・コリンズのルーキー契約4年目のチーム・オプションと、アンファニー・シモンズのルーキー契約3年目のチーム・オプションを行使したと発表した。 コリンズは、2017年のNBAドラフト1巡目全体10位でサクラメント・キングスに指名された後、ドラフト当日のトレードでブレイザーズに移籍した。ブレイザーズでの2シーズンで、彼は143試合に出場し(うち1試合に先発)、1試合平均16.8分間のプレーで平均5.6得点、3.8リバウンド、0.9アシストを記録している。また、彼は今年のプレイオフで16試合に出場し、1試合平均17.2分間のプレーで平均6.8得点、3.6リバウンド、1.38ブロックという成績を残した。 2018年のNBAドラフト1巡目全体24位でブレイザーズに指名されたシモンズは、ルーキー・イヤーの2018-19シーズンに20試合に出場して(うち1試合に先発)、1試合平均7.1分間のプレーで平均3.8得点、0.7リバウンド、0.7アシストを記録した。昨シーズンのレギュラーシーズン最終戦のキングス戦に48分間フル出場したシモンズは、37得点、6リバウンド、9アシスト、1スティールという驚異的な活躍を見せた。若干19歳で1試合に37得点以上、9アシスト以上を同時に達成したのは、ケビン・デュラントとレブロン・ジェームズに次ぐNBA史上3人目の快挙だ。

関連タグ

  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ブレイザーズがザック・コリンズの4年目の契約のチーム・オプションを行使