【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由

ク・ビバリーやジャマイカル・グリーンをチームに残している。さらに、クリッパーズはイビカ・ズバックとロドニー・マグルーダーと延長契約を結び、タロン・ルー氏を正式にアシスタントコーチに任命した。 こうして、ロスターとコーチ陣の補強に成功したクリッパーズには、レナードやジョージというリーグ屈指のオールラウンダーを始めとした、多くの有力なGとFが揃うこととなった。殆ど弱点がないように見えるクリッパーズだが、ズバックの脇を固めるCの補強が唯一の課題となっており、34歳のFAであるジョアキム・ノアが候補として挙がっている。ノアが現地12日にクリッパーズとワークアウトを行っていたことを、ノアの父親が明かしたことから、現在ノアのクリッパーズ移籍説が有力視されている。 クリッパーズとノアが契約に至った場合、米スポーツメディアCliperholicsのギャレット・コーペニング記者は、ノアがクリッパーズにディフェンスとリバウンドで貢献するほか、クリッパーズのチームカルチャーにもフィットしていると分析した。 ディフェンス面では、ノアは既にリーグ屈指のディフェンシブチームであるクリッパーズのディフェンス力をさらに上げることが予想される。コーペニング記者は、メンフィス・グリズリーズでプレイしていた昨季、36分間の出場時間換算で1試合平均1.6ブロックをマークしたノアが、ズバックやその他控えCが苦戦していた支配的な相手ビッグマンを止めることに貢献すると分析している。 コーペニング記者は、クリッパーズがリバウンドにおいてもノアから恩恵を受けると分析している。キャリア通算で9.1リバウンドを挙げているノアは昨季、平均16.5分の出場時間で1試合平均5.7リバウンドをマークした。また、オフェンシブリバウンドを得意とするノアのリバウンド力はクリッパーズでセカンドチャンスを生み出すとことも期待できそうだ。 さらにコーペニング記者は、ディフェンスを重視する現在のクリッパーズの戦略やチームカルチャーにフィットしていると分析している。もしノアがクリッパーズと契約に至った場合、ベテランのノアは上記に加え、リーダーとしての役割も期待されることになるだろう。 スポヲタ:ビタラフ アドル

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由