キャンディス・パーカーがターナー・スポーツと複数年の契約延長

ターナー・スポーツが、WNBAのスター選手のキャンディス・パーカーと複数年の延長契約を結んだ。女子バスケットボール界で最も素晴らしい経歴を持つ選手の1人であるパーカーは、TNTのNBA放送、NBA TV、NCAAトーナメントの放送で、解説やコメンテータを務める。 さらに、彼女は今シーズンからクリスティン・リドローと一緒に新しいポッドキャストをスタートさせる。パーカーは、2018-19シーズンのNBA放送と2019年の男子NCAAトーナメントのコメンテーターとして、ターナー・スポーツでの仕事をスタートさせている。 現在もWNBAロサンゼルス・スパークスの選手として活躍するパーカーは、火曜日の晩に放送される試合のスタジオ解説をメインに、TNTのNBA放送で大きな役割を担うことになる。 彼女は、NBA TVのスタジオ番組の解説や、ターナー・スポーツのスタジオ解説、CBSスポーツのNCAAトーナメントの放送などにも引き続き出演する。 パーカーは「ターナー・スポーツで世界最高の仲間と引き続き働けることに興奮しています。心から愛するバスケットボールの取材を通して、学び、働き、成長し、そして何よりも笑顔を絶やさずに、自分の経験を積み上げていきたいと思います」とコメントしている。 テネシー大を2年連続(2007年、2008年)でNCAAチャンピオンに導いたパーカーは、2008年のWNBAドラフト全体1位指名でロサンゼルス・スパークスに入団した。2008-09シーズンのWNBAで、彼女はリーグ史上初めてシーズンMVPと新人王をダブル受賞している。 2016年に、パーカーはスパークスをWNBAチャンピオンに導き、WNBAファイナルMVPを受賞した。彼女はWNBAオールスターに6回選出され、2013年にはWNBAオールスターMVPを受賞している。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • WNBA
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キャンディス・パーカーがターナー・スポーツと複数年の契約延長