新シーズンにSFの選手を欠くネッツ

6月27日に当時付き合っていた女性に自宅で暴行を加えたとして、ブルックリン・ネッツのSFであるクールッツが逮捕された。現地9月3日に罪状認否のため、ブルックリン刑事裁判所に出廷した後、一旦釈放されたクールッツは、ネッツがミネソタ・ティンバーウルブズとの新シーズン開幕戦を迎える2日前の10月21日に再び法廷に出廷する予定だ。 クールッツの弁護士であるアレックス・スピロー氏が、スポーツ法に知見のある米国大手スポーツメディアSports Illustratedのマイケル・マッカーン記者に伝えたところによると、スピロー氏は女性の被害届が捏造であると信じており、法廷で争う意向を示しているという。スピロー氏は、被害者が事件から約2か月後に被害届を出したことや、事件後にクールッツと旅行していたこと、さらには現時点で女性が被害を受けたという証拠がないことから、クールッツが不起訴になる可能性があると見ている。 しかし、クールッツが法廷で不起訴になったとしても、独自に本件の調査を進めることを明かしたNBAが、リーグのポリシーに違反したと判断した場合、彼には罰金や出場停止処分が科されることとなる。また、ネッツも本件を極めて深刻に受け止めており、NBAの調査に全面協力することを声明文で発表している。 ラトビア代表チームとスペインリーグのFCバルセロナで活躍していた21歳のクールッツは、2018年のNBAドラフトでネッツに指名された。NBAではルーキーイヤーとなった昨季、重要な控え選手として1試合平均8.5得点、3.9リバウンド、0.8アシストを挙げ、ネッツの5年ぶりとなるプレイオフ進出に貢献した。 新シーズンもネッツの重要なベンチプレイヤーとしての活躍が期待されていたクルーツだが、裁判の結果やNBAの判断によっては、同シーズン中にプレイできなくなる可能性もあるだろう。アキレス腱を断裂したケビン・デュラントの新シーズン全休が予想されるだけでなく、攻守両面での貢献が期待されていたウィルソン・チャンドラーも先日ドーピングによりNBAから25試合出場停止処分が科されたことで、既にSFの有力選手2人を欠いているネッツは、こうしてさらなるピンチを迎えることとなってしまった。 スポヲタ:ビタラフ アドル

関連タグ

チーム

  • ネッツ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 新シーズンにSFの選手を欠くネッツ