開幕直前! FIBAワールドカップ2019の詳細をチェック!

FIBAワールドカップ2019が8月31日に中国で開幕する。世界中の各地域で2年以上に渡って予選が行われ、過去最多となる32カ国の代表チームが今大会の出場切符を手に入れた。 今回で18回目を迎えるFIBAワールドカップだが、中国で開催されるのは初めてのことだ。試合会場は中国国内の8都市(北京、仙山、武漢、深セン、東カン、南京、上海、広州)で、16日間で合計92試合が行われる予定だ。グループEに入っている日本代表は、予選のファーストラウンドは上海で試合をする。 アメリカ代表はもちろんロスター全員がNBA選手だが、今大会には、ギリシャ代表のヤニス・アデトクンボ、フランス代表のルディ・ゴベア、セルビア代表のニコラ・ヨキッチなど50名以上のNBA選手が母国の代表ロスターに名を連ねている。 -- 大会スケジュール -- ・ファーストラウンド(グループ制):8月31日から9月5日まで ・セカンドラウンド(グループ制):9月6日から9月9日まで ・準々決勝:9月10日と9月11日 ・準決勝:9月13日 ・決勝:9月15日 -- 大会のシステム -- アフリカから5カ国、ヨーロッパから12カ国、アメリカから7カ国、アジア・オセアニアから8カ国の計32カ国が、4チームずつの8つのグループに別れて総当たり方式のファーストラウンドを戦う。ファーストラウンドの合計試合数は48試合だ。(各チーム3試合ずつ、各グループで6試合ずつ) FIBAワールドカップ2019の8つのグループは以下の通り。 グループA:コートダジュール、ポーランド、ベネズエラ、中国 グループB:ロシア、アルゼンチン、韓国、ナイジェリア グループC:スペイン、イラン、プエルトリコ、チュニジア グループD:アンゴラ、フィリピン、イタリア、セルビア グループE:トルコ、チェコ共和国、アメリカ、日本 グループF:ギリシャ、ニュージーランド、ブラジル、モンテネグロ グループG:ドミニカ共和国、フランス、ドイツ、ヨルダン グループH:カナダ、セネガル、リトアニア、オーストラリア ファーストラウンドの各グループの上位2チームがセカンドラウンドに進出し、下位2チームは17位〜32位の順位決定戦に進む。 セカンドラウンドは、4チームずつの4つのグループで争われる。このラウンドでは、各チームはファーストラウンドで対戦しなかったチームとだけ試合をする。セカンドラウンドの合計試合数は16試合(各チーム2試合ずつ、各グループで4試合ずつ)で、各グループの上位2チームずつが準々決勝に進み、敗退した下位2チームには9位〜16位の順位が割り当てられる。 準々決勝以降は、勝ち上がった8チームによる1試合ずつのトーナメント方式になる。準々決勝で破れた4チームは、5位〜8位決定戦に進み、準決勝で破れた2チームは3位決定戦に進む。 決勝戦は9月15日に北京で行われる。 --- 過去のFIBAワールドカップのトップ3 -- 開催年 / 金メダル / 銀メダル / 銅メダル 2014年 / アメリカ / セルビア / フランス 2010年 / アメリカ / トルコ / リトアニア 2006年 / スペイン / ギリシャ / アメリカ 2002年 / ユーゴスラビア / アルゼンチン / ドイツ 1998年 / ユーゴスラビア / ロシア / アメリカ 1994年 / アメリカ / ロシア / クロアチア 1990年 / ユーゴスラビア / ソビエト連邦 / アメリカ 1986年 / アメリカ / ソビエト連邦 / ユーゴスラビア 1982年 / ソビエト連邦 / アメリカ / ユーゴスラビア 1978年 / ユーゴスラビア / ソビエト連邦 / ブラジル 1974年 / ソビエト連邦 / ユーゴスラビア / アメリカ 1970年 / ユーゴスラビア / ブラジル / ソビエト連邦 1967年 / ソビエト連邦 / ユーゴスラビア / ブラジル 1963年 / ブラジル / ユーゴスラビア / ソビエト連邦 1959年 / ブラジル / アメリカ / チリ 1954年 / アメリカ / ブラジル / フィリピン 1950年 / アルゼンチン / アメリカ / チリ

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • FIBA
  • FIBAワールドカップ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 開幕直前! FIBAワールドカップ2019の詳細をチェック!