今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜

2013年8月20日、クリーブランド・キャバリアーズが同年のドラフトにおいて1巡目1位で指名したアンソニー・ベネットと契約した。カナダ出身の選手がNBAのドラフトで全体1位指名の栄誉に輝いたのは初めてのことだった。そんなベネットだったが、NBAに入ってからの成績は散々で、早々にメディアから歴史に残る失敗指名と酷評されてしまう。 ルーキーイヤーに平均4.2得点3.0リバウンドという凡庸な数字を残すと、オフにはミネソタ・ティンバーウルブズへトレード。ウルブズは3年目のオプションを行使したが、ベネットがほとんど成長を見せなかったため、行使した3年目の契約をバイアウトの上、1年で放出した。その後トロント・ラプターズ、ブルックリン・ネッツと転々とするも結果を残せず、2017年1月9日にネッツに放出されて以降NBAではプレーできていない。 ところが今年に入り、ヒューストン・ロケッツがベネットと契約したというニュースが飛び込んできた。ロケッツと言えばNBA史上最もスリーポイントを多投するチームとしてお馴染みである。実はNBAを離れて以降ベネットはGリーグでストレッチ4(スリーポイントを打つことにより、スペースを広げることのできるパワーフォワード)に変貌を遂げており、それがロケッツのスカウトの目に留まったのである。ベネットがついにNBAの舞台で輝く日が来るのだろうか。ドラフト全体1位指名の才能に期待したい。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜