【FAの噂】ケンバ・ウォーカーのリクルートに関与していたジェイソン・テイタム

選手が他選手のリクルートに携わる事は、現代NBAのフリーエージェンシーにおいて重要な一部となっている。そんな中、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムは、今オフのケンバ・ウォーカーのセルティックス加入に自身が大きな役割を果たしたと語った。 パリで開催されたジョーダン・ブランドのイベントに参加したテイタムとウォーカーは、セルティックスについて話していた事をテイタムが明かしている。ESPNのティム・ボンテンプス記者によれば、テイタムはウォーカーの加入について「すごくワクワクしている」と述べた上で、自身の関与について以下の通り語っている。 「ウォーカーのセルティックス加入に俺が大きな役割を果たしたと思うよ。俺は彼と一緒にパリにいたんだ。彼にセルティックスに来てくれとは決して言っていないが、来て欲しいと願っている事や、セルティックスがどんなチームであるかを伝えたんだ。当たり前だけど、誰だって自分にとって最善となる選択をする。だから、彼がセルティックスを選んでくれた事は嬉しいよ。」 ウォーカーは、パリでテイタムと共に過ごし、セルティックスの話を聞いた事で、セルティックスの魅力に惹かれたのだろう。今夏、ウォーカーは、4年1億4100万ドル(約150億円)でセルティックスと契約を結んでいる。 テイタムが明かした様に、彼はオールスターポイントガードであるウォーカーにセルティックスの魅力について語った様だ。 「ウォーカーにボストンの町、雰囲気、ファン、文化、コーチ陣など、セルティックスについて色々と伝えたんだ。彼の質問にも全て答えたよ。俺は今シーズンに凄く期待しているし、早くシーズンが始まって、皆と共に良いケミストリーを築いていけたらと思っているよ。」 一方のウォーカーも、彼の決断にテイタムが大きな役割を果たしたと、ESPNのジャッキー・マクマラン記者に述べている。 「テイタムと沢山語ったよ。パリから帰ってきて、フリーエージェント市場が解禁され、俺はセルティックスに決断した。テイタムがここに決断した大きな理由だよ。」 今シーズンにセルティックスが好成績を残せば、カイリー・アービングを失ったセルティックスのォーカー獲得に大きく貢献したとして、テイタムはその功績が称えられる事になるだろう。同時に、今回テイタムやウォーカーがパリでの出来事を明かした事が、NBAからタンパリング(不正交渉)と見なされないか心配である。 スポヲタ:ビタラフ アドル

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Kemba Walker

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【FAの噂】ケンバ・ウォーカーのリクルートに関与していたジェイソン・テイタム