ティム・ダンカン氏がサンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチに就任!!!

現地7月22日、サンアントニオ・スパーズが、ティム・ダンカン氏とウィル・ハーディ氏がアシスタントコーチに就任したことを発表した。 ウィリアムズ・カレッジを卒業したハーディ氏は、2010年にスパーズのバスケットボール運営部門のインターンに就任し、チーム・スタッフとしてのキャリアをスタートさせた。 スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)は「ウィル・ハーディには才能がある。彼は、知識と心意気と人柄により球団の誰からも尊敬を集めている、若きバスケットボール頭脳だ」とコメントしている。 ダンカン氏は、1997年にウェイクフォレスト大を卒業し、その年のNBAドラフト1巡目全体1位指名でスパーズに入団したレジェンド選手だ。彼は19シーズンのキャリア全てをスパーズ一筋でプレーし、5度のNBA優勝(1999年、2003年、2005年、2007年、2014年)、3度のファイナルMVP(1999年、2003年、2005年)、2度のシーズンMVP(2002年と2003年)、15回のNBAオールスター出場といった数々の栄誉に輝いた。彼は2016年のオフに現役を引退したが、その後も度々スパーズの練習に顔を出している姿が目撃されている。 ポポビッチHCはダンカン氏のコーチングスタッフ入りについて「私は、ティム・ダンカンが現役だった19年の間ずっと彼のアシスタントとして誠心誠意尽くしてきたんだ。今度は彼が私のアシスタントとして誠心誠意を尽くすのは至極当然のことだ」と冗談交じりにコメントしている。

関連タグ

チーム

  • スパーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • ティム・ダンカン
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ティム・ダンカン氏がサンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチに就任!!!