キャバリアーズがJR・スミスを解雇!

The Athleticのシャムス・シャラニア記者とジョー・バーダン記者によると、クリーブランド・キャバリアーズがベテラン・ガードのJR・スミスを解雇したそうだ。 シャラニア記者は、スミスの解雇について以下のように報じている。 「情報筋によると、JR・スミスがキャバリアーズから解雇され、完全フリーエージェントになったそうだ。キャバリアーズは、スミスの来シーズンの契約が保証される前(ウェイバー・デッドラインの前)に、彼をトレードしたかったようだ」 解雇が正式に認められるとスミスはフリーエージェントとなり、どんなチームとも契約できるようになる。しかし、彼がロサンゼルス・レイカーズでかつてのチームメイトのレブロン・ジェームズと合流する可能性は極めて低いと、ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は報じている。 昨年11月にチームにトレード要求を出した33歳のスミスは、昨シーズンは11試合しかプレーしていない。キャバリアーズはスミスの要求を断ったが、その際に「スミスはもうチームに帯同しないだろう。我々は、彼と彼のエージェントと共に将来について話し合っている」とコメントしていた。 2016年のキャバリアーズの優勝に貢献したスミスは、2017-18シーズンは80試合に出場して1試合平均8.3得点、3ポイントシュート成功率37.5%という成績を残している。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

選手

  • JR Smith

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キャバリアーズがJR・スミスを解雇!