ラッセル・ウェストブルックがオクラホマシティのファンに感謝状

先日のトレードによりオクラホマシティ・サンダーからヒューストン・ロケッツに移籍したラッセル・ウェストブルックが、オクラホマシティへの感謝状を自身のインスタグラムに投稿した。 これまでの11シーズンに及ぶキャリアをサンダー一筋でプレーしてきたウェストブルックは、この球団でプレーした日々が「夢のようだった」と語っている。 以下は、ウェストブルックの感謝状の全文だ。 「今の気持ちの全てを言葉で表すことはできない。オクラホマよ、これまで素晴らしい旅だったよ! 18歳の若さでこの街に来た時、こんな素晴らしいことが俺を待ち受けているなんて思いもしなかったよ。素晴らしい人々に囲まれて、俺はオクラホマの街で成長することができた。ファン、コーチ、チームメイト、球団の全職員、ベネット氏、サム・プレスティ氏、俺の友人たちといった、このチームと街に関わる全ての人々が、この街を特別なものにしている。あなたたち全員がこの街を素晴らしい場所にしているからこそ、俺はこのチームでずっとプレーしたいと思ったんだ。良い時も悪い時も、あなたたちは俺をサポートし、俺の側にいてくれた。あなたたちのような素晴らしい人々と出会ったことが、今の俺を形作ったんだ。オクラホマが俺や俺の家族に与えてくれたインパクト以上のものを、俺がオクラホマのコミュニティーに与えられたことを願っている。俺はオクラホマの街に沢山の友人と感謝を残して去っていく。皆さんには感謝してもしきれない。あっという間で、夢のような日々だった。 #WHYNOT」 ウェストブルックは、2008年にシアトル・スーパーソニックスがオクラホマシティに移転した当時からサンダーでプレーしていた最後の1人だった。彼は、直近の3シーズン連続でシーズン・トリプルダブルを達成している。 ウェストブルックは、2009年から2012年までサンダーでチームメイトだったジェームズ・ハーデンと、ロケッツで再びチームメイトになる。 一方、今オフの相次ぐビッグ・トレードにより将来の1巡目指名権を大量に獲得したサンダーは、新たな方向へと舵を切ることになる。彼らは、ウェストブルックのトレードで獲得したクリス・ポールを更にトレードする可能性もある。

関連タグ

チーム

  • サンダー
  • ロケッツ

選手

  • Russell Westbrook

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラッセル・ウェストブルックがオクラホマシティのファンに感謝状