セルティックスがタッコ・フォールと契約

ESPNのジョナサン・ジボニー記者によると、ボストン・セルティックスがセントラルフロリダ大のセンターであるタッコ・フォールと「Exhibit 10契約」を結んだという。 契約に「Exhibit 10」が含まれる場合、チームはレギュラーシーズン開幕前日までに、現行の契約を5000ドルから5万ドルが保証された2-way契約に切り替えることが可能となる。そして、選手はチームから解雇されても、提携先のGリーグチームでアフィリエイト・プレーヤーとして所属し、契約後60日間在籍すれば5000ドルから5万ドルを受け取ることができる。 先週のドラフトで指名を受けなかったフォールは、NBA史上最も身長の高い選手となる新たなチャンスを掴んだ。 今年のドラフト・コンバインで身長、ウィングスパン、スタンディング・リーチの記録を次々と塗りかえたフォールは、靴を履いた状態の身長が231センチと測定され、周囲を驚かせていた。 また、セントラルフロリダ大での2018-2019シーズンに平均11.1ポイント、7.6リバウンド、0.5アシスト、シュート成功率74.8%を記録したフォールは、ランキングのトップ100に入っていなかったとはいえ、その身長とポテンシャルが期待されていた。 「Yahoo Sports」のピート・タメル記者によると、ある著名のベテランスカウトはフォールについて、「10年か12年前だったらドラフト1巡目に指名を受けていた」と評価していたそうだ。 また、アトランタ・ホークスの元GMであるウェス・ウィルコック氏もフォールについて下記の通りコメントを残している。 「231センチの巨人があのような動きをするのは見たことがない。非常に興味があるよ。」 セネガル出身のビッグマンであるフォールは、今年のNCAAトーナメントでデュ―ク大のザイオン・ウィリアムソンとマッチアップした際にも全米を驚かせていた。試合には77対76で敗れたものの、15ポイント、6リバウンド、3ブロックを叩き出したフォールは、あのウィリアムソン以上に存在感を発揮していた。 フォールは、そのサイズからフィラデルフィア・セブンティシクサーズのボバン・マリヤノビッチと比較されることも多いが、実際はマリヤノビッチよりも動ける選手と評価されている。 このことから、セルティックスはフォールがNBAに通用する選手になることを期待し、フォールと「Exhibit 10契約」を結んだようだ。 文:ビタラフ アドル

関連タグ

チーム

  • セルティックス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスがタッコ・フォールと契約