ウルブズ対ホーネッツ戦の試合最後2分間でミスコールが10個あったことが明らかに

日本時間1月23日(現地22日)に行なわれたミネソタ・ティンバーウルブズ対シャーロット・ホーネッツ戦において、試合最後の2分間でレフェリーのミスコールが10個あったようだ。 NBAが発表しているL2Mレポート(Last Two Minute Report。第4クォーター最後の2分時点で3点差以内だった場合に発生したレフェリーのコールとポゼッションの結果に関連するプレイに対するリーグの評価)では、誤ったジャッジのうち3個はウルブズ、6個はホーネッツが有利となる結果になったという。そのなかには、1点差だった試合最終盤でウルブズのカール・アンソニー・タウンズが逆転を狙いドライブした際のプレイも含まれていた。 映像ではタウンズがレイアップを放つ際、ホーネッツのリーキー・ブラックに腕を叩かれていたもののファウルはコールされなかった。 なお、もう1個は本来PJ・ワシントンに割り当てるべきフリースローをブランドン・ミラー(ともにホーネッツ)に打たせていたというものだった。 試合はホーネッツが最大18点ビハインドから逆転し、128対125で勝利していた。

▶▶NBAファイナルまで全試合観られる! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ホーネッツ
  • ティンバーウルブズ

Keywords

  • ニュース全般
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. ウルブズ対ホーネッツ戦の試合最後2分間でミスコールが10個あったことが明らかに