新着

お気に入り

投稿済みスレッド

【NBA NEWS】価値観のアップデート【大柴壮平コラム vol.10】

NBA Rakuten NEWS

関連コンテンツ

関連コンテンツ

1997年のマスターズのことである。タイガー・ウッズが史上最年少優勝を決めた最終日、一つの騒動が起きた。1979年の同大会チャンピオン、ファジー・ゼラーが「来年のディナーのメニューに、フライドチキンとカラードグリーンは頼まないように言っといてくれ」と記者にコメントし、これが人種差別だと社会問題に発展したのである。マス...

  • ニュース全般
  • NBA全般
  • バックス
  • 大柴壮平

コメント(11件)

  • 001
    mickey
    9か月前

    捨てるべきスリーポイントは捨てた方がいいと思うけど、被弾数が多いのはダメだと思うな。 現にバックス以下の5チームは負け越してるわけだし。 そう思うとバックスはいいディフェンスしてる。

    0
    002
    [設定されていません]
    9か月前

    このコメントは削除されました

    003
    [設定されていません]
    9か月前

    このコメントは削除されました

    004
    [設定されていません]
    9か月前

    このコメントは削除されました

    005
    MoriTomonori
    9か月前

    そのとおりです。自分と向き合い続ける事。自分の信念を磨き続けることから逃げる人はゼラー氏のように、失敗します。

    1
    006
    [設定されていません]
    9か月前

    このコメントは削除されました

    007
    河合玲奈
    9か月前

    いい話!いつもいいコラム!

    7
    008
    えるびす!
    9か月前

    つまりは八村塁の時代が来るかもな。 カワイなんかのおかげで、ミドルジャンパーの優位性去年くらいから注目されてるし。

    2
    009
    ジョリ
    9か月前

    ミドルジャンパーの優位性はないでしょ。

    0
    010
    ニテンドウ
    9か月前

    黒人が真面目にスポーツをする環境があればほぼ全てのスポーツ競技のトップは黒人になる

    0
    011
    あつし
    9か月前

    そういえば、60勝したときのアトランタも相手のスリーポイント試投数リーグ最多でディフェンスのレーティングはトップファイブ。何となく傾向が似ているような。 コーチングスタイルなのか。それとも…。 興味深い。

    1
  1. NBA Rakuten トップ
  2. コミュニティ
  3. 価値観のアップデート【大柴壮平コラム vol.10】