ナイキ創業者のフィル・ナイト、ブレイザーズ買収の意欲は衰えずも進展はナシか

ナイキ創業者のフィル・ナイトが、ポートランド・トレイルブレイザーズの買収を望んでいるという。『Wall Street Journal』のレイチェル・バックマン記者によると、ナイトはブレイザーズをポートランドに確実に留めることを望んでいるようだ。 2022年6月に、ナイトとMLBロサンゼルス・ドジャースの共同オーナーであるアラン・スモリニスキーは、ブレイザーズ買収に20億ドル以上を提示したと伝えられている。ブレイザーズは2018年にマイクロソフトの共同創設者ポール・アレンが亡くなって以降、妹ジョディがオーナーを務めているが、チームを売却する予定はなく、実現するとしても数年はかかるだろうと語っていた。 しかしナイトは、前回のオファーから1年経った現在でもチーム買収に意欲を示しているようだ。『Wall Street Journal』によれば、ナイトとスモリニスキーは2023年初頭も含めて何度かジョディに取引依頼をしていたという。その際、前回のオファーよりも金額を上乗せする意思も示したようだ。しかし、色よい回答は得られていないという。 なお兄アレンが亡くなった際に、その日から10年以内にブレイザーズとNFLシアトル・シーホークスを売却し、その資金を慈善団体に寄付せよとの遺言があったとの報道もある。しかし当面は、放映権の高騰によってチームの価値が高まることが予想されるだけに、売却の話が実現するとしても、しばらく先のことになりそうだ。

▶▶「NBA FINALS 2023 LIVE in Cinema〜映画館でNBAファイナルをLIVEで観よう〜」のチケット購入はこちら

▶▶ナゲッツ×ヒートのNBAファイナル2023を観よう! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

▶▶「NBA Rakuten」、コンバースと初のコラボレーションによるオリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」を5月16日(火)に発売

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • トレイルブレイザーズ

Keywords

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ナイキ創業者のフィル・ナイト、ブレイザーズ買収の意欲は衰えずも進展はナシか