ケビン・デュラントとカイリー・アービングのニックス移籍は95%確実?

今年1月、ニューヨーク・ニックスがチームのエースであったクリスタプス・ポルジンギスを放出し、2選手分のマックス契約のキャップスペースを空けたことから、ゴールデンステート・ウォーリアーズのケビン・デュラントとボストン・セルティクスのカイリー・アービングのニックス移籍説が浮上している。 そして現時点では、多くのNBA専門家がこの2選手がプレーヤーオプションを放棄し、ニックスへ移籍すると予測している。 ESPNのステフェン・A・スミス氏は、自身のツイッターに以下の通り投稿した。 「私が聞いた全ての情報によると、デュラントとアービングはニックス移籍を計画している。その確率は95%と聞いている。デュラントが考えを変えなければね。」 この数週間前に、デュラントはトロント・ラプターズのカワイ・レナードと共にロサンゼルス・クリッパーズに移籍するという全く別の予想をしていたスミス氏だっただけに、今回の彼の発言は非常に興味深い。 当初から二人のニックス移籍説が最も濃厚と言われていたが、内部の情報に詳しい専門家の間では、その説がより一層と有力になっているようだ。 しかし、「デュラントが考えを変えなければ」という点を踏まえると、彼のクリッパーズ移籍説やプレーヤーオプションを選択してウォーリアーズに残る可能性が全く無くなった訳ではないだろう。 The Athleticsの記者であるサム・アミック氏によると、ウォーリアーズ関係者は、デュラントのプレーオフシリーズでの圧倒的な存在感と活躍が、彼に対する周囲の評価を上げたことにより、彼が移籍を思い留まるのではないかと感じているという。 一方で、最近になってレブロン・ジェームス率いるロサンゼルス・レイカーズへの移籍説が浮上したカイリー・アービングであったが、どうやらその可能性は極めて低いようだ。 ESPNのファースト・テイクがアービングのレイカーズ移籍説について取り上げた直後、番組にアービングの家族と親しい人物から彼がロサンゼルスに行くことは絶対に無いとの趣旨の連絡があったという。 スミス氏の情報が本当だとすると、やはりデュラントとアービングのニックス移籍説が現時点では最も濃厚なのかも知れない。しかし、実際に二人がどのチームを選ぶかは7月1日まで誰も分からない。 発表までの約1カ月半、今オフにFA市場に出てくる多くのスーパースターたちの噂は後を絶たないだろう。

関連タグ

チーム

  • セルティックス
  • ウォリアーズ

選手

  • Kyrie Irving
  • Kevin Durant

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ケビン・デュラントとカイリー・アービングのニックス移籍は95%確実?