ソルトレイクシティ・サマーリーグに出場する4チームが決定!

現地7月1日から3日にかけてユタ・ジャズの本拠地ビビント・スマート・ホーム・アリーナで開催されるソルトレイクシティ・サマーリーグに出場する4チームが発表された。 今年は、ホストチームのジャズ、初出場のクリーブランド・キャバリアーズ、サンアントニオ・スパーズに加え、渡邊雄太選手が所属するメンフィス・グリズリーズも出場する。 昨年までの『ユタ・ジャズ・サマーリーグ』から『ソルトレイクシティ・サマーリーグ』へと名称変更した今大会は、ジャズのシティー・エディションのデザインにアレンジを加えたコートで行われる。 今大会のエグゼクティブ・ディレクターを務めるジョナサン・ラインハート氏は「ソルトレイクシティはバスケットボールを愛しており、この街では1年を通してバスケットボールが楽しまれている。それは、昨年のサマーリーグの来場者数を見ても明らかだ。我々は、カジュアルで親しみやすく、楽しい雰囲気を持った夏らしいイベントにするつもりだ。ソルトレイクシティのダウンタウンには娯楽が溢れており、世界レベルの施設も揃っているので、出場チームの選手たちも滞在を楽しめることだろう」とコメントしている。 試合は毎日17時からと19時からのダブルヘッダーで、3日間で合計6試合が行われる。チケットは、ローワー・ボール(アリーナ席)でも1日9ドル(約1000円)からと格安で、1日券で2試合とも観ることができる。3日通し券は最安で16ドル(約1800円)から販売される予定だ。 昨年の『ユタ・ジャズ・サマーリーグ』には、過去最高の3日間で合計33,884人もの観客が来場した。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ
  • スパーズ
  • グリズリーズ
  • ジャズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ソルトレイクシティ・サマーリーグに出場する4チームが決定!