レイカーズがトーマス・ブライアント、パトリック・ベバリーをトレードで放出

ロサンゼルス・レイカーズが、2つのトレードでトーマス・ブライアントとパトリック・べバリーを放出した。ベバリーは将来のドラフト2巡目指名権、現金とともにオーランド・マジック行きとなり、代わりにモー・バンバが新たに加わった。 ブライアントはデンバー・ナゲッツへ移り、代わりにレイカーズはデボン・リード、2025、2026、2029年のドラフト2巡目指名権を受け取っている。 今季は平均12.1点、6.8リバウンド、FG成功率65.4%をマークしているトーマスは、二コラ・ヨキッチのバックアップとしての貢献が期待されている。一方ベバリーは、トレード成立後マジックに残らないのではと『AP通信』のティム・レイノルズ記者はレポートしている。

▶▶NBA Rakuten限定の公式アパレル第2弾がリリース。今回はジップアップフーディーとデニムジャケット

▶▶レイカーズの八村塁やネッツの渡邊雄太らの活躍が観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • レイカーズ
  • ナゲッツ
  • マジック

Players

  • Patrick Beverley
  • Mo Bamba
  • Davon Reed
  • Thomas Bryant

Keywords

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レイカーズがトーマス・ブライアント、パトリック・ベバリーをトレードで放出