元NBA選手のセバスチャン・テルフェアーが銃刀法違反で有罪に

Yahoo Sportsのライアン・ヤング記者によると、現地4月24日に元NBA選手のセバスチャン・テルフェアーが銃刀法違反で有罪になったと、TMZ Sportsが報じたそうだ。彼は、最大で懲役15年の刑を言い渡される可能性がある。 2004年のNBAドラフト1巡目全体13位で指名されたテルフェアーは、2017年6月にニューヨーク州ブルックリンで逮捕された。無灯火で車を走らせていたテルフェアーを停止させた際、警察が彼の車から複数の拳銃や自動小銃、銃弾、防弾チョッキ、そしてマリファナなどを発見した。 テルフェアーは昨年10月の裁判で無罪を主張したが、同24日に銃刀法違反での有罪が確定した。彼の処罰は今年6月に宣告される予定だ。 33歳のテルフェアーは2007年にも銃刀法違反で逮捕されており、その時は3年間の保護観察処分になっている。 TMZ Sportsによると、テルフェアーはこれまでにも複数の法的問題を起こしてきたそうだ。昨年、彼は別居中の妻と子供が乗る車の窓を殴った罪により接近禁止命令を言い渡されたほか、11月には4万ドル(約444万円)の不払いによりクレジットカード会社から訴えられている。 テルフェアーは、2015年に引退するまでの10シーズンで、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、オクラホマシティ・サンダー、フェニックス・サンズなどを含む8チームでプレーした。彼は、キャリア通算で1試合平均7.4得点、3.5リバウンドという成績を残した。

関連タグ

チーム

  • サンダー

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 元NBA選手のセバスチャン・テルフェアーが銃刀法違反で有罪に