ウィザーズが八村塁をトレードか ウェストのチームが興味を示しているとの情報も

ワシントン・ウィザーズが八村塁のトレードに関する交渉を始めたと、『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者とジョシュ・ロビンス記者が報じている。 八村は今季終了後に制限付きFA(フリーエージェント)となる。しかしチームにはカイル・クーズマ、クリスタプス・ポルジンギス、デニ・アブディヤとフォワードの人材が多い。とりわけ今季終了後にプレイヤーオプションを有するクーズマとの再契約を希望しているとされており、八村をあきらめることで好条件を提示する余裕が生まれる。 なお、八村にはウェストの複数のチームが興味を示しているという。 2019年のNBAドラフト、1巡目全体9位でウィザーズから指名を受けた八村は、チーム在籍4シーズン目となる。今季は28試合に出場して平均12.9点、4.4リバウンド、1.2アシスト、自己最高のFG成功率49.2%をマークしている。 2022-23シーズンのトレードデッドラインは、2月10日(現地9日)となっている。それまでに八村は別のチームのユニフォームに身を包むこととなるのだろうか。

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ウィザーズ

Players

  • 八村 塁

Keywords

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウィザーズが八村塁をトレードか ウェストのチームが興味を示しているとの情報も