ドウェイン・ウェイドのラストゲームに親友が集結!

ドウェイン・ウェイドの現役最後の試合を見届けるためにスーパースターが集結した。 ウェイドのNBAラストゲームとなった現地4月10日のマイアミ・ヒート対ブルックリン・ネッツ戦のコートサイドには、3人で並んで座るレブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、クリス・ポールの姿があった。 試合は113-94でネッツが勝利したが、ウェイドは現役最後の試合で25得点、11リバウンド、10アシストのトリプルダブルを達成した。 ウェイド、ジェームズ、アンソニー、ポールの4人は大の親友であり、アメリカ代表で共にプレーしたチームメイトでもある。 試合前、ウェイドは彼らの元に歩み寄って全員とハグを交わした。 Fox Sports Southeastのインタビューに答えたジェームズは、バスケットボール以上に大切な親友であるウェイドのために、自分たちはここに来る必要があったコメントした。 「ポールは昨晩もプレーし、俺たち2人は昨日でレギュラーシーズンの全日程を終えた。そして、メロ(アンソニー)はニューヨークに住んでいる。そこで、俺たちはここに来る計画を立てたんだ。とにかく、俺たちはD・ウェイドの最後の試合を見逃すわけにはいかないんだ。彼がマイアミ・ヒートの背番号3番のユニフォームを着てプレーするのは、これが最後なんだ。ここに来て、彼をサポートできて幸せだよ」 そして、今シーズンを通して続けてきたウェイドの『ユニフォーム交換』の儀式の締めくくりを飾った相手は、アンソニーだった。今シーズンも現役を続行するようにウェイドを説得し、シーズンを通して『さよならツアー』をすることを勧めたのが、ほかでもないアンソニーだった。しかし、当のアンソニーはヒューストン・ロケッツを解雇されたため、今シーズン中にヒートと対戦することはできなかった。 ウェイドは「今シーズンはメロと対戦する機会が無かったので、彼とユニフォームを交換することができなかったんだ。それが、今シーズン唯一の心残りだった。でも、彼が今日ここに来てくれたおかげで、彼に私のユニフォームを渡すことができたんだ」と、感謝の言葉を述べた。

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Dwyane Wade

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドウェイン・ウェイドのラストゲームに親友が集結!