ブラッドリー・ビールが自身の去就に言及「決定は勝てると感じた場所になるだろう」

今夏にプレイヤーオプションを有するワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、去就が注目されるスター選手の1人だ。決断に際しては、「勝つことができると感じる場所」を大きな条件に挙げている。『NBC Sports Washington』のビジャン・トッド記者が伝えた。 ビールは来季3640万ドル(約49億円)のプレイヤーオプションだが、5年2億4200万ドル(約325億2000万円)のスーパーマックス額での契約延長か、無制限FA(フリーエージェント)となって4年総額1億7900万ドル(約240億6000万円)で移籍も可能となる。 ビールは左手首の靭帯修復のため、今年2月上旬にレギュラーシーズン残り試合を欠場することを発表。10年目のシーズンは40試合で平均23.2得点、3ポイント成功率30.0%にとどまった。 そのビールは、『Bleacher Report』のテイラー・ルックス・レポーターとのインタビューで、去就に関しては「間違いなく家族のことは考慮している。どこに住みたいか、何に満足しているかね」と答えている。それと同時に、やはりリーグ優勝への思いも強いようだ。 「俺の決定が何に基づくか、それは勝つことができると感じた場所になるだろう。(ワシントン)DCで勝てると思ったら、そうするからそれを尊重してほしい。もし他のチームでそう感じたら、同じコミットメントになる。自分にとってベストの選択をするよ。シンプルな話さ」 これまでウィザーズ一筋10年のキャリアを貫いてきた一方、トレードの噂も絶えなかったビール。2022-23シーズンはどのチームでプレイすることになるのだろうか。

▶▶LEAGUE PASSならNBAファイナルも全試合LIVEで観られる! プランをチェック

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • Bradley Beal

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ブラッドリー・ビールが自身の去就に言及「決定は勝てると感じた場所になるだろう」