キャバリアーズが前キングスHCのルーク・ウォルトンをアシスタントコーチとして招聘

日本時間6月1日(現地5月31日)、クリーブランド・キャバリアーズはルーク・ウォルトンをアシスタントコーチ(AC)に迎え入れたと発表した。 42歳のウォルトンACは2003年から11年にわたってNBAでプレイし、ロサンゼルス・レイカーズに在籍していた2009年と2010年にはコービー・ブライアント、パウ・ガソルらとともに優勝を経験。キャリア最終年となった2012-13シーズンにはキャバリアーズでプレイしていた。 コーチ転向後の2015年には、ゴールデンステイト・ウォリアーズのアシスタントコーチとして優勝に貢献。2016年からは古巣レイカーズ、2019年からはサクラメント・キングスでヘッドコーチも務めている。昨季は開幕から6勝11敗となった時点で、キングスから解雇されていた。 キャバリアーズのJB・ビッカースタッフHC(ヘッドコーチ)は、「似たような経験を持ち、バスケットボールに情熱を持っているスタッフを迎え入れられるのは滅多にないこと」とウォルトンACの加入を喜んだ。 選手、AC、HCと長くNBAに携わり、優勝経験もあるウォルトンACの存在は、ダリアス・ガーランド、エバン・モーブリー、ジャレット・アレンらチームの中心を担う若手選手らに好影響を与えることが期待されている。コビー・アルトマンGM(ジェネラルマネージャー)も、「才能とチャンピオンシップのDNAを持つルークをコーチングスタッフに加えられ、とても興奮している」とコメントしている。

▶▶LEAGUE PASSならNBAファイナルまで全試合LIVEで観られる! プランをチェック

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • ルーク・ウォルトンHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キャバリアーズが前キングスHCのルーク・ウォルトンをアシスタントコーチとして招聘