ヒートの猛追を退けセルティックスが勝利 2010年以来のNBAファイナル進出を決める

日本時間5月30日(現地29日)、マイアミ・ヒートとボストン・セルティックスがプレイオフ・カンファレンス決勝第7戦を戦い、100-96でセルティックスが勝利した。セルティックスがNBAファイナルに進出するのは2010年以来、球団史上22度目となる。 第4クォーター残り3分35秒でセルティックスは13点リードを奪っていたが、そこからホームのヒートが猛追を見せる。セルティックスの堅守をかいくぐりながら得点を積み重ね、残り44.4秒でマックス・ストゥルースの3ポイントにより、95-98と3点差まで詰め寄って見せたのだ。さらにセルティックスのシュートも防ぎポゼッションを奪ったヒートだったが、ジミー・バトラーが残り16.6秒で果敢に3ポイントを狙うもミス。セルティックスはマーカス・スマートが冷静にフリースローを沈め、逃げ切りに成功した。 セルティックスは今季から新設されたイースト決勝のMVPに輝いたジェイソン・テイタムが26点、10リバウンド、6アシスト、2ブロック、ジェイレン・ブラウンが24点、6リバウンド、6アシスト、マーカス・スマートが24点、9リバウンド、5アシスト、2スティールを記録。『ESPN Stats & Info』によると、第7戦で1チームで3人が20点・5アシスト以上を記録したのは、1988年のロサンゼルス・レイカーズ(マジック・ジョンソン、ジェームズ・ウォージー、バイロン・スコット)以来だったという。 ヒートはバトラーが48分にフル出場し、35点、9リバウンド、バム・アデバヨも46分プレイして25点、11リバウンド、カイル・ラウリーは15点、7リバウンド、3アシスト、2スティールを記録。3ポイントはチーム全体で30本放ったものの、6本しか決められなかった。 セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズによるNBAファイナルは、6月3日(同2日)に第1戦が行なわれる。なお、セルティックスとウォリアーズがNBAファイナルで対戦するのは、1964年以来2度目となる。

▶▶LEAGUE PASSならNBAファイナルまで全試合LIVEで観られる! プランをチェック

関連タグ

チーム

  • セルティックス
  • ヒート

選手

  • Jaylen Brown
  • Marcus Smart
  • Jayson Tatum
  • Jimmy Butler

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ヒートの猛追を退けセルティックスが勝利 2010年以来のNBAファイナル進出を決める