2021-22シーズンのオールNBAチームが発表 アデトクンボが満票を獲得

日本時間5月25日(現地24日)、NBAは2021-22シーズンのオールNBAチームのメンバーを発表した。1st、2nd、3rdチームの面々は下記の通り。名前の横、左から1stチーム票数、2ndチーム票数、3rdチーム票数、合計点。1stチーム票は5点、2ndチーム票は3点、3rdチーム票は1点が加算される。 ■1stチーム ヤニス・アデトクンボ(バックス/F)100/0/0/500点 ルカ・ドンチッチ(マーベリックス/G)88/12/0/476点 ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ/C)88/12/0/476点 デビン・ブッカー(サンズ/G)82/16/2/460点 ジェイソン・テイタム(セルティックス/F)49/47/4/390点 ■2ndチーム ジョエル・エンビード(シクサーズ/C)57/43/0/414点 ジャ・モラント(グリズリーズ/G)13/76/8/301点 ケビン・デュラント(ネッツ/F)10/68/22/276点 ステフィン・カリー(ウォリアーズ/G)9/69/22/274点 デマー・デローザン(ブルズ/F)2/39/57/184点 ■3rdチーム カール・アンソニー・タウンズ(ウルブズ/C)0/38/60/174点 レブロン・ジェームズ(レイカーズ/F)2/35/54/169点 クリス・ポール(サンズ/G)0/16/66/114点 トレイ・ヤング(ホークス/G)0/11/77/110点 パスカル・シアカム(ラプターズ/F)0/7/42/63点 アデトクンボは唯一投票者全員から1位票を獲得。1stチーム入りは通算4度目、オールNBAチーム入りは6度目となった。テイタムは初の1stチーム、ブッカーはオールNBAチーム入り自体が初となった。 今回1stチーム入りした選手が全員27歳以下(アデトクンボとヨキッチが27歳、ブッカーが25歳、テイタムが24歳、ドンチッチが23歳)というのは、1954-55シーズン以来、実に67年ぶりとなる。また、24歳になる前に3度以上1stチーム入りを果たしたドンチッチは、ティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ)、ケビン・デュラント(ネッツ)、マックス・ザスロフスキー(元シカゴ・スタッグスほか)と並び、歴代4人目の快挙を成し遂げた。 オールNBAチーム入りを逃した選手の得票結果は以下の通り。 ■センター ルディ・ゴベア(ジャズ)/0/5/30/45点 バム・アデバヨ(ヒート)/0/4/16/28点 ■フォワード ジミー・バトラー(ヒート)0/2/26/32点 ジェイレン・ブラウン(セルティックス)0/0/3/3点 デズモンド・ベイン(グリズリーズ)0/0/1/1点 クリス・ミドルトン(バックス)0/0/1/1点 ■ガード ドノバン・ミッチェル(ジャズ)0/0/4/4点 ミケル・ブリッジズ(サンズ)0/0/1/1点 ドリュー・ホリデー(バックス)0/0/1/1点 カイリー・アービング(ネッツ)0/0/1/1点 デジャンテ・マレー(スパーズ)0/0/1/1点 フレッド・バンブリート(ラプターズ)0/0/1/1点

▶▶LEAGUE PASSならNBAファイナルまで全試合LIVEで観られる! プランをチェック

関連タグ

チーム

  • セルティックス
  • ナゲッツ
  • マーベリックス
  • サンズ
  • バックス

選手

  • Jayson Tatum
  • Luka Doncic
  • Nikola Jokic
  • Giannis Antetokounmpo
  • Devin Booker

キーワード

  • ニュース全般
  • オール・NBA・チーム
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 2021-22シーズンのオールNBAチームが発表 アデトクンボが満票を獲得