ジミー・バトラーが41点 第3クォーターで巻き返したヒートが第1戦を勝利で飾る

日本時間5月18日(現地17日)、マイアミ・ヒートとボストン・セルティックスがプレイオフ・カンファレンス決勝第1戦を戦い、ホームのヒートが118-107で勝利した。ヒートのジミー・バトラーは41点、9リバウンド、5アシスト、4スティール、3ブロックと大車輪の活躍を披露している。 前半はセルティックスが最大13点のリードを奪ったが、第3クォーターでヒートが22-3のランを仕掛ける。この12分間で39-14と一気に巻き返した。バトラーはこのクォーターだけで17点を奪取し、1人でセルティックスのスコアを上回っている。 さらに第4クォーター残り10分45秒にはタイラー・ヒーローがフリースローを沈め、ヒートはこの試合最大となる20点リード。その後セルティックスは追い上げをみせるも、追いつくには至らなかった。 ヒートはバトラーのほか、ゲイブ・ビンセントが17点、ヒーローが18点、8リバウンドをマークしている。 セルティックスは、ジェイソン・テイタムが29点、8リバウンド、6アシスト、4スティール、ジェイレン・ブラウンが24点、10リバウンド、途中出場のペイトン・プリチャードが18点を記録。マーカス・スマート(右足負傷)とアル・ホーフォード(健康・安全プロトコル)を欠いたのが響いた。 なお『ESPN Stats & Info』によると、セルティックスの第3クォーターのFG成功率13.3%(2/15)は、直近4シーズンのレギュラーシーズンとプレイオフの試合のなかで球団ワーストの数値だったという。 シリーズ第2戦は20日(同19日)に再びFTXアリーナで行なわれる。

▶▶LEAGUE PASSならNBAファイナルまで全試合LIVEで観られる! プランをチェック

関連タグ

チーム

  • セルティックス
  • ヒート

選手

  • Jimmy Butler

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジミー・バトラーが41点 第3クォーターで巻き返したヒートが第1戦を勝利で飾る