NBAでよく聞く英語フレーズ|Vol.4:Punched in the Mouth

NBAの中継を観ていると、現地実況、選手、コーチなどがよく使っているフレーズがあります。この企画では、そんなフレーズを1回につき1つずつサクッと紹介。知っていればより試合観戦が楽しくなるはず! 今回紹介するのは・・・。

Punched in the Mouth

試合に敗れたチームが記者会見で敗戦の弁を述べる際に散見されるフレーズです。口を殴られるなんてなんとも痛々しい表現ですが、どういった意味合いで使われているのでしょうか。 答えは・・・。

「出だしでやられた」

“パンチ”を活かすのであれば、「先制パンチを浴びせられた」という言い回しにも。バスケットボールというスポーツでは多くの得点が入りますが、スタートでつまずいて劣勢となり、そのまま流れを変えられずに負けてしまうことも珍しくありません。応援するチームが第1クォーターから大量失点して敗戦した際は、選手たちと一緒に「We got punched in the mouth!」と悔しさを表現してみましょう。 今後知りたいフレーズなどあれば、ぜひコメントにてお聞かせください!

▶▶「NBA JAPAN GAMES 2022」のチケット先行販売(抽選)に参加できるLEAGUE PASS(シーズンが)9900円に!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • 英語フレーズ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAでよく聞く英語フレーズ|Vol.4:Punched in the Mouth