ネッツのベン・シモンズが古巣76ersによる約2000万ドルの給与差し控えに異議申し立て

ブルックリン・ネッツのベン・シモンズは、古巣フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)によって差し控えられた約2000万ドル(約24億5000万円)の給与に異議申し立てを行ったという。『ESPN』のラモーナ・シェルバーン記者、エイドリアン・ウォジナロウスキー記者が伝えた。 シーズン開幕前にトレードを志願したシモンズはトレーニングキャンプやプレシーズンを欠場、練習を欠席するなど、チームに有害な行動を起こしたとして罰金処分を受けた。トレード先が見つからず、シクサーズの一員としてシーズンに突入するも、メンタルヘルスの問題も囁かれ、一向にコートに立つことはなかった。 1試合欠場するごとに36万ドル(約4400万円)、チームに帯同しなかったことでも罰金を支払ってきたシモンズ。日本時間2月11日(現地10日)のトレード期限最終日にネッツへ移籍となったが、差し控えられていた約2000万ドルに関して異議申し立てを行ったという。 シクサーズはシモンズがNBAと選手労働組合が結んでいる労使協定に基づく契約に違反しているとして、シーズン前に支払った給与を取り戻す権利を有していると主張し、NBAと選手労働組合も意見が対立。シクサーズ、NBA、選手労働組合の3者が会談の場を持ったとされる。 異議申し立ては、その根拠となる事象が発生してから30日以内、あるいは問題が発覚した日から30日以内にすることが必要。このシモンズの異議申し立ては、メンタルヘルスやNBA契約の問題において、「リーグに大きな影響を与える可能性がある」と伝えられている。

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツのベン・シモンズが古巣76ersによる約2000万ドルの給与差し控えに異議申し立て