カイリー・アービングがネッツとの再契約を視野「俺はここが好きだ」「KDを置いてどこかに行く理由はない」

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、ニューヨーク市が新型コロナウイルスのワクチン接種義務付けに関するルールを改正したことにより、日本時間3月28日(現地27日)のシャーロット・ホーネッツ戦で今季初のホームゲーム出場が見込まれている。シーズン終了後の去就も注目されるなか、ブルックリンと相棒ケビン・デュラントへの思いを口にした。『AP通信』が伝えている。 ネッツ所属3年目の今季、アービングはワクチン未接種による影響でニューヨーク市でのホームゲームに出場できず、敵地で限定的にコートに立ってきた。3月9日(同8日)のホーネッツ戦で50得点、3月16日(同15日)のオーランド・マジック戦では今季リーグ最多タイの60得点を叩き出すなど、20試合で平均28.5得点、5.5アシスト、3ポイント成功率43.8%の成績を残している。 アービングは来季3650万ドル(約44億6000万円)のプレイヤーオプションを保有しており、これを破棄した場合、5年総額2億4600万ドル(約300億円)でネッツと再契約が可能だ。ワクチン未接種を貫く決断により、多くの批判も浴びたが、ネッツを離れる可能性は低いようだ。 「俺はここが好きだ。夏になったら交渉をすることになるだろうが、7番の男(ケビン・デュラント)を置いてどこかに行く理由はない」 ネッツは平均29.5得点を記録しているエースのデュラントが、来季から4年総額1億9400万ドル(約237億円)の契約がスタート。トレードで加入したベン・シモンズも2024-25シーズンまで総額1億1300万ドル(約138億円)の高額契約が残っている。 そのなかで、「長期的に見ている」と話すアービングがどのような決断を下すのか、注目が集まる。

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kyrie Irving

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カイリー・アービングがネッツとの再契約を視野「俺はここが好きだ」「KDを置いてどこかに行く理由はない」