ネッツのケビン・デュラントがファンに卑猥な言葉を浴びせて2万5000ドルの罰金処分

NBAは日本時間3月19日(現地18日)、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントに2万5000ドル(約300万円)の罰金を科した。リーグ運営部長のバイロン・スプリューエルが発表したところによれば、ファンに卑猥な言葉を浴びせたためだという。 問題のシーンが発生したのは、3月17日(同16日)に行われた本拠地バークレイズ・センターでのダラス・マーベリックス戦。この試合、デュラントが23得点(フィールドゴール8/20、3ポイント2/5、フリースロー5/5)を挙げながらネッツは111-113で惜敗したが、第2クォーターの残り9.4秒、マキシ・クレーバーの密着マークを振り切ろうと突き飛ばしてしまってオフェンシブ・ファウルを取られた際、卑猥な表現を使って「黙って座ってろ!」とファンに言ったとされている。 デュラントが今季罰金を科されたのは初めてではなく、昨年12月11日(同10日)のアトランタ・ホークス戦で、今回同様にファンに卑猥な言葉で暴言を吐き、2万5000ドルの罰金処分。また、1月11日(同10日)のポートランド・ブレイザーズ戦後の記者会見では「冒涜的な言葉」を使い、NBAのセキュリティインタビューに従わなかったとして、1万5000ドル(約179万円)の罰金が科されている。 現在のネッツはイースタン・カンファレンス8位(36勝34敗)とプレイイン・トーナメント進出圏内をキープするのがやっとで、大黒柱のデュラントもフラストレーションが蓄積しているのかもしれない。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kevin Durant

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツのケビン・デュラントがファンに卑猥な言葉を浴びせて2万5000ドルの罰金処分