ネッツのジョー・ハリスが今季2度目の手術でシーズン絶望に

日本時間3月4日(現地3日)、ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ジェネラルマネージャー)は、左足首の怪我で戦線離脱中のジョー・ハリスが同箇所の関節鏡視下手術を近日中に受けると発表した。マークスGMによればハリスは手術後に完全回復すると見られているが、今季の残り試合はプレイオフも含め欠場するという。 ハリスは昨年11月30日(同29日)に1度目の関節鏡視下手術を実施。当初は4〜8週間後の復帰が予定されていたが、足首の状態はプレイできるレベルに戻らず、2度目の手術に踏み切る結果となった。 ハリスは今季11試合で平均11.3点、4.0リバウンド、1.0アシスト、3ポイント成功率46.6%を記録。マークスGMは「ブルックリン・ネッツを象徴する存在なだけに本当に残念だ」と、チーム随一のシャープシューターのシーズン離脱を嘆いた。 なお、ネッツは4日のヒート戦でケビン・デュラントが約1か月半ぶりに復帰し、31点(FG 10/21)を挙げている。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Joe Harris

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツのジョー・ハリスが今季2度目の手術でシーズン絶望に