「僕たちは自信を失っている」 ニックスのエバン・フォーニエがチーム停滞の要因を自己分析

日本時間2月28日(現地27日)にマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれたフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)対ニューヨーク・ニックスの一戦は、125-109でシクサーズが快勝した。ジョエル・エンビード(37点、9リバウンド)、ジェームズ・ハーデン(29点、10リバウンド、16アシスト、5スティール)とシクサーズの主力が大爆発し、敵地でありあながらエンビードはアリーナのファンからMVPチャントを浴びたほどである。 一方、この日の敗戦で5連敗となったニックスは、苦境を脱するための出口を見つけられずにいる。試合後、エバン・フォーニエは「僕たちは自信を失っていて、躊躇している時もある」と、チームが停滞している要因を語った。 「僕らは時々お互いを見合って、自分たちがどんなプレイをすべきか、誰が攻めるのかを探っているような気がする。第4クォーターにはリズムも自信もないから、お互いに期待できない状況だ。繰り返すが、選手としてそれを修正しない限り、この状況は変わらない」 ニックスは直近8戦、第4クォーターと延長における得点で161-252と大きくリードを奪われている。また1月中旬以来、連勝もない。そうした状況で自信を取り戻すためには、「1、2ゲーム勝てば、『これで行ける』って思うようになれるかもしれない」とフォー二エは語る。 次戦は3月3日(同2日)に再びシクサーズと対戦する。さらにそこから7試合連続でアウェイ戦と苦しい戦いが続くが、流れを変える勝利を掴めるか。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • ニックス

選手

  • Evan Fournier

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「僕たちは自信を失っている」 ニックスのエバン・フォーニエがチーム停滞の要因を自己分析