躍進するキャバリアーズのキーマン、新人王最右翼エバン・モーブリー【2/25(金)午前9時 キャバリアーズ対ピストンズ】

今季イーストのサプライズチームとしてリーグを面白くしているのが、クリーブランド・キャバリアーズだ。直近3シーズンはプレイオフを逃していたが、混戦模様のイーストで4位と大躍進している。シーズン後半戦でも上位を維持するには、新人エバン・モーブリーの活躍が欠かせない。 平均14.9点、8.1リバウンド、2.6アシスト、1.6ブロックを記録するモーブリーは、新人王の最右翼として名前が挙がっている。最大の魅力は、ビッグマン離れした機動力とウイングスパン223cmというリーチの長さを活かした守備だ。JB・ビッカースタッフHC(ヘッドコーチ)も「彼は1番(ポイントガード)から5番(センター)までマークできるし、ビル・ラッセル(元ボストン・セルティックス)のようにブロックが上手い」とレジェンドディフェンダーを引き合いに出し、その守備力を絶賛。ルーキーの奮闘もあり、キャブズは今季リーグ4位(105.8)のディフェンシブ・レーティングを記録するなどイースト屈指の堅守を構築している。 また、オフェンスでも、持ち前の器用さが光る。線は細いがスピードに長け、高校に入る前はガードだったこともあり、ハンドリング能力はビッグマンの中でトップクラス。さらにシュートレンジも広く、「チーム・キャブズ」として出場したオールスターのスキルズ・チャレンジでも3ポイントシュートを次々に沈め、そのポテンシャルの高さを世に知らしめた。 戦術に柔軟性をもたらし、欠かせない存在となったモーブリーが目指すのはチームの成功だ。「このままの調子を維持してプレイオフに進出したいね。現状のメンバーを見たらそれは達成できると思う」と20歳のビッグマンは力強く宣言。自身に対するスカウティングが進んだ後半戦は真価を問われるが、果たして地元ファンを待望の舞台に導けるか。 レギュラーシーズンが再開する日本時間2月25日(現地24日)、キャブズはデトロイト・ピストンズと対戦する。1月以降、7割近い勝率(15勝7敗/0.682)を記録するキャブズだが、オールスター直前の2試合で連敗。プレイイン・トーナメント圏内の7位トロント・ラプターズとは2.5ゲーム差と下からの追い上げも激しいだけに、イースト14位と低迷するピストンズに足元をすくわれるのは避けたい。相手には新人王を争うケイド・カニングハムがいるが、モーブリーはライバルを凌ぐ活躍でチームを勝利に導くことができるか。

■モーブリーを特集した『NBA Action』を観る


▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

ルカ・ドンチッチ、神様ジョーダンからの思わぬハグに感動「僕の名前を知っていた。とにかく言葉が出ない」

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

選手

  • エバン モーブリー

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 躍進するキャバリアーズのキーマン、新人王最右翼エバン・モーブリー【2/25(金)午前9時 キャバリアーズ対ピストンズ】