「みんなも楽しんでくれていたら嬉しい」 3ポイント成功数記録を更新したチーム・レブロンのステフィン・カリーがMVPを獲得

日本時間2月21日(現地20日)に行なわれたNBAオールスターゲームで、チーム・レブロンのステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)がMVPに輝いた。試合はチーム・レブロンが163-160でチーム・デュラントを破っている。 カリーは3ポイント16本を含むゲームハイの50点を記録。50点以上でMVPとなったのは、2017年のアンソニー・デイビス(2017年)以来、史上2人目となる。また33歳343日でのMVP受賞は、シャキール・オニール(36歳346日/2009年)、マイケル・ジョーダン(34歳356日/1998年)に次ぎ、3番目に高い年齢となった。 カリーは第3クォーター途中に早くも10本目の3ポイントを沈めてポール・ジョージ(ロサンゼルス・クリッパーズ)が持つ記録を抜き去ると、試合終了までに16本まで積み上げた。1試合の成功数に加えて、クォーター(6本)、ハーフ(8本)の記録も更新している。『ESPN』のニック・デポーラ記者によると、カリーは1点につき1000ドル、3ポイントシュート1本につき3000ドル、オールスターMVPに選ばれた場合は1万ドルを、クリーブランドの学校に寄付することを決めていたという。 試合後、コービー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)の名が冠されたMVPトロフィーを手にしたカリーは、「このトロフィーには非常に特別な意味がある。謙虚でいられるし、とても恵まれていると思えるし、本当に感謝している」と喜びを語った。 また、生まれ故郷でありながらクリーブランド・キャバリアーズを破ってNBA王者になっているという過去から、地元ファンからブーイングを浴びる場面もあったが、「多くの試合に勝ったり負けたりという歴史があり、その結果がブーイングとして返ってくる。それを楽しんでいるよ。ブーイングするにもエネルギーが必要だから、よほど自分を気にしてないとできないことだよね。今日はそのエネルギーをパフォーマンスに変え、楽しもうと思っていた。出だしから調子が良くてショーを見せたいと思ったんでけど、みんなも楽しんでくれていたら嬉しいね」と語っている。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

サンズのクリス・ポールが右手親指の負傷で6~8週間の欠場か

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAオールスター
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「みんなも楽しんでくれていたら嬉しい」 3ポイント成功数記録を更新したチーム・レブロンのステフィン・カリーがMVPを獲得