右足首捻挫のアンソニー・デイビスはMRI検査の結果、最低4週間の欠場が濃厚

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは日本時間2月17日(現地16日)のユタ・ジャズ戦で右足首を捻挫したが、最低でも4週間は欠場するという。『Spectrum SportsNet』でレイカーズのレポーターを務めるマイク・トルーデル氏が伝えた。 デイビスはジャズ戦の第2クォーター残り3分にアリウープを狙った際、ジャズのルディ・ゴベアの足の上に着地してしまい、右足首を捻挫。それまで17分間で17得点(フィールドゴール7/9、3ポイント1/1、フリースロー2/2)と好調だったが、苦悶の表情を浮かべ、無念の負傷退場となった。 骨に異常はなく、当初は最低2週間の欠場と報じられていたが、トルーデル氏によれば、MRI検査の結果、かかとからつま先の間を痛め、4週間後に再検査する予定だという。 27勝31敗と負け越し、プレイイン・トーナメント進出圏内ギリギリのウェスタン・カンファレンス9位というレイカーズにとって、今季平均23.1得点、9.7リバウンドを挙げているデイビスの長期離脱は大きな痛手だ。 それでも、レブロン・ジェームズが「ついてないプレイだった。彼はできる限り早く戻って来るが、急ぐことはない」と語れば、フランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)も「我々は厚い選手層を誇っている。ローテーションの出入りはあるだろうが、全員が必要だ」とデイビスが不在の間も総合力で戦うことを示唆している。 4週間後はレギュラーシーズンも残り1か月を切っている最終盤だが、レイカーズはデイビス復帰まで持ちこたえられるだろうか。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

【プレゼント】「NBAオールスター川柳」開催! 参加してオールスターアパレルや楽天ポイントを当てよう!

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Anthony Davis

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 右足首捻挫のアンソニー・デイビスはMRI検査の結果、最低4週間の欠場が濃厚