ウィザーズのブラッドリー・ビールが左手首手術のためレギュラーシーズン残り試合を欠場

日本時間2月9日(現地8日)、ワシントン・ウィザーズはブラッドリー・ビールが左手首舟状月状靭帯損傷の修復手術を行なうため、レギュラーシーズンの残り試合を全休すると発表した。 ビールは「この10日間、手首の集中治療とリハビリを受けてきたが、自分の基準やチームやファンにふさわしいレベルで戦えないことが明らかになった。このままシーズンが終わってしまうのは残念だが、これが最善の決定だということで全員一致した。100%の状態で復帰し、これからもこのチームをリードしながら未来に向かって共に歩んでいきたいと思っている」とコメントを発表している。 ビールは1月30日(同29日)に行なわれたメンフィス・グリズリーズ戦の第3クォーター途中で、同箇所を負傷していた。なお、手術の詳細や今後の復帰に向けたスケジュールのアップデートについては随時発表される。 ビールは今季40試合に出場し、平均23.2点、4.7リバウンド、6.6アシストを記録していた。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

敵地で「This is my house」と叫んだクレイ・トンプソン その理由について「覚えてない」とまさかの回答

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • Bradley Beal

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウィザーズのブラッドリー・ビールが左手首手術のためレギュラーシーズン残り試合を欠場