「チームメイトたちを信じている」 76ersのジョエル・エンビードがジェームズ・ハーデン獲得の噂に言及

トレード期限日が近づく中、ホットなトピックのひとつがベン・シモンズ(フィラデルフィア・76er/以下シクサーズ)とジェームズ・ハーデン(ブルックリン・ネッツ)の噂だろう。一時は両チームが交渉するとの話が出たり、ネッツのスティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)が「ハーデンはチームに残りたがっている」と否定したりと、多くのメディアで取り上げられている注目のトピックとなっている。 そんななかシクサーズのジョエル・エンビードは、フィラデルフィアのラジオ番組『97.5 The Fanatic』に出演した際に、ハーデンについて問われ次のように語っている。 「彼はブルックリン・ネッツでプレイしているんだ。自分にできることは何もない。まるで、『ステフ・カリーとプレイしたいか?』と聞かれたようなものだよ。もちろんトップクラスの選手は誰でも、互いをより良くできるし、ハーデンはそのカテゴリーに入っている。でも、別のチームでプレイしているんだから、それについてコメントできないし現実的じゃない。自分も同じニュースをインターネットで見ているけど、何が真実で何が嘘かなんて分からないね」 エンビードは噂話にはいちいち付き合わないスタンスのようだ。それは、今のチームが充実しているからという理由もあるだろう。シクサーズはシモンズを欠きながらも、32勝21敗と大きく勝ち越している。イースト全体では5位だが首位とはわずか2ゲーム差。直近10戦で7勝を挙げており、プレイオフに向けて上位シードの獲得も十分射程圏内と言えるだろう。エンビード自身も、「チームメイトたちを信じているし、自分たちにもチャンスがある」とコメントしている。 さらにフロントの決断に関しても、「自分はコートに立つことで給料をもらっているんだ。結果を出すため現有戦力でできることは何でもやるけど、選択することに責任は負いたくない」と、自身は何も関与しないつもりでいることも明らかにしている。 今季エンビードは平均29.3点、10.9リバウンド、4.4アシストとMVP級のパフォーマンスを披露している。「優勝できるなら何だっていい」と断言するほど勝利に飢えている男は、コート内のことだけに集中させてほしいと思っているようだ。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

ホームでブーイングを浴びたラッセル・ウェストブルックをレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスがフォロー

関連タグ

チーム

  • 76ers
  • ネッツ

選手

  • James Harden
  • Joel Embiid
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「チームメイトたちを信じている」 76ersのジョエル・エンビードがジェームズ・ハーデン獲得の噂に言及