ジェームズ・ハーデンとベン・シモンズのトレード話が過熱 今週中に両チームが交渉へ

2021-22シーズンのトレードデッドラインが日本時間2月11日(現地10日)に迫り、移籍の噂が複数飛び交っている。そのなかで、最大級の大物がブルックリン・ネッツのジェームズ・ハーデンだ。ここに来て、フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のベン・シモンズとの交換トレード話が過熱しているようだ。 『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者によれば、カイリー・アービングの復帰、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)への不満、ニューヨークでの生活状況を踏まえ、ハーデンはブルックリン以外でのプレイに関心があるという。 ケビン・デュラント、アービング、ハーデンの3人が揃った試合ではこれまで13勝3敗だが、ハーデンの支配的なスタイルがデュラントとアービングのアプローチとマッチしない「懸念が高まっている」と指摘。ヒューストン・ロケッツ時代にハーデンを獲得した実績を持つダリル・モーリーがGM(ゼネラルマネージャー)を務めるシクサーズのシモンズとのトレードが可能性として浮上し、今週に交渉の場が持たれるという。 シクサーズはシモンズのほかにシューターのセス・カリー、今季平均16.9得点を挙げているタイリース・マクシー、3年目のマティース・サイブルが追加の駒となるオプションがあるようだ。 得点に固執しないタイプで、NBA屈指のペリメーターディフェンダーであるシモンズは、デュラント、アービングとの相性も悪くないと予想される。残り6日間で、オールスター同士のトレードは実現するだろうか。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

体重を絞り好調のルカ・ドンチッチ、チームの連敗を止められるか【2/5(土)午後12時 76ers対マーベリックス】

NBAオールスターゲームの控え選手が発表 日本時間2月11日にチーム分けドラフトを実施

関連タグ

チーム

  • 76ers
  • ネッツ

選手

  • James Harden
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジェームズ・ハーデンとベン・シモンズのトレード話が過熱 今週中に両チームが交渉へ