ホーネッツが今季最多の158点を奪い快勝 39点を挙げたケリー・ウーブレイJr.も「ゾーンに入った」と振り返る

日本時間1月27日(現地26日)、シャーロット・ホーネッツは敵地ゲインブリッジ・フィールドハウスで行なわれたインディアナ・ペイサーズ戦で、球団新記録となる24本の3ポイントを沈め158-126で快勝した。158点は今季リーグ最多で、『ESPN Stats & Information』によるとアウェイのチームが挙げた得点としては歴代5位だという。 この猛攻をリードしたのは、自己ベストの3ポイント10本を含むキャリアハイの39点を叩き出したケリー・ウーブレイJr.だ。試合後のコメントを『ESPN』が紹介している。 「今夜は第3クォーターでゾーンに入った。そこからは誰も振り返ることなんてなかった。今日は誰もスタッツを追っていなかったし、ただハードにプレイしたかっただけなんだ」 この日ウーブレイJr.はベンチからの出場だった。控え選手が1試合10本以上の3ポイントを沈めたのは、リーグ史上5人目である。さらにチームメイトのラメロ・ボールは29点、13アシスト、10リバウンドで今季4度目のトリプルダブルを記録しているのだが、『Elias Sports Bureau』によればボールとウーブレイJr.は、トリプルダブル&3ポイント10本以上を達成した史上6組目のデュオになるという。 チーム全体で見てもホーネッツが後半に挙げたスコア(87点)は、1991年1月にヒューストン・ロケッツが挙げた94点以来の高得点だったようだ。直近10戦で7勝を挙げ勢いに乗るホーネッツは、29日(同28日)に本拠地のスペクトラム・センターでロサンゼルス・レイカーズと対戦する。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

「もし私がハーデンだったら今すぐ抜け出す」 元NBA選手のケンドリック・パーキンスが私見

2021年に「NBA Rakuten」で最も観られた試合は? 年間視聴試合ランキングを発表

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ

選手

  • LaMelo Ball
  • Kelly Oubre Jr.

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホーネッツが今季最多の158点を奪い快勝 39点を挙げたケリー・ウーブレイJr.も「ゾーンに入った」と振り返る