ウィザーズの八村塁が安全衛生プロトコル入り 計8人がヒート戦を欠場

日本時間12月29日(現地28日)、ワシントン・ウィザーズはこの日行なわれるマイアミ・ヒート戦を前に、八村塁がリーグの定める安全衛生プロトコル入りしたと発表した。ウィザーズは八村のほかに、トーマス・ブライアント、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、アンソニー・ギル、モントレズ・ハレル、アーロン・ホリデー、ハウル・ネトがプロトコル入りのため欠場。先週からプロトコル入りしているブラッドリー・ビールは一時クエスチョナブル(不確か)とされていたが、後に欠場が発表された。 多くの選手を欠くウィザーズは、アリゼー・ジョンソン、クレイグ・ソードの2人と10日間契約を結んでいる。 開幕から欠場が続く八村だが、最近ではチームの遠征に帯同して3対3の練習を始めるなど、シーズンデビューに向けて徐々に状態を仕上げていた。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

サンダーの新人ジョシュ・ギディーが50年ぶり史上2人目の珍記録を達成

ジェームズ・ハーデンが今季初の2戦連続30得点以上に手ごたえ「自信はどんどん増している」

スパーズのベッキー・ハモンACにWNBAのチームが触手を伸ばす?

Related Tags

Teams

  • ウィザーズ

Players

  • 八村 塁

Keywords

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. ウィザーズの八村塁が安全衛生プロトコル入り 計8人がヒート戦を欠場